世界建築巡りについて

世界建築巡りは、インフォメーションアーキテクトの山田育栄が訪れた世界の建築やプロジェクトなどの情報を紹介するサイトです。

建築学生や建築関係者はもちろん、国内外へ旅行する方などにも見ていただきたいと思っています。

一人でも多くの人に世界へ足を運んでほしい。

建築に触れると同時に、人との出会いや自己の発見といったかけがえのない機会に遭遇するでしょう。

インターネットの発達により世界中の情報を知ることはできますが、実体験に勝るものはありません。

このサイトが、訪れる国をより楽しむためのガイドブックになれば幸いです。

建築旅行記の出版、展覧会・イベントの企画、建築設計事務所のサイト制作&改善などを手掛けたいと思っています。

世界建築巡りの世界観に賛同いただける方からのご連絡お待ちしています☆

世界建築巡りのお問い合わせフォームはこちら

世界建築巡りの管理人について

世界建築巡りを始めたきっかけ

子供の頃から、お絵描き・工作・油絵・書道・アクセサリー制作などのモノづくりが大好きでした。

アートが好きで、美術館やギャラリーにしばしば行きます。


2011年のある日、東京都現代美術館で開催された展覧会「建築、アートがつくりだす新しい環境」へ行きました。

2011年は、東日本大震災を経験した忘れられない年です。

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震で膨大な死傷者が発生し、岩手県・宮城県・福島県の沿岸部に並んでいた建物の多くが瓦礫と化しました。

日本の街を津波が破壊する様子と、福島第一原子力発電所事故による災害は、世界中に大きな衝撃を与えました。

災害大国の宿命である自然災害はもちろん、情報化・都市化・環境問題・人口増加などの変化や課題に対して、建築家やアーティストがどのように応えていくのかを提案・実践する展覧会です。

本展覧会の企画・会場構成は、妹島和世氏と西沢立衛氏の建築家ユニット「SANAA」が担当しました。

「建築とアートは、私たちがこれからどのような時代と社会に向かっていくのかを映し出す鏡であり、新しい時代を作り出していく重要な手続きでもある。」

多様性の時代に向けて、様々な価値観と関係性が共存するモデルを示すことが、建築やアートのひとつの大きな役割である。」


そこで出会ったのが、ドイツ出身の映画監督のヴィム・ヴェンダース(Wim Wenders)が制作した映像作品「もし建築が話せたら・・・」です。

SANAAが設計したスイス連邦工科大学ローザンヌ校の学習施設 ロレックス・ラーニング・センター を舞台に、人と建築の対話を描く3D短編映画です。

大きな長方形のワンルームの建物に、出入り口や光を取り込むための穴が点在する作り。

水平面が少なく波のように流れる建物は、まるで生きているかのよう。

うずくまりたくなる緩やかな丘や、上り下りしたくなる蛇行した階段など、沢山の表情を見せてくれます。

スクリーンの前に置かれたビーズクッションに横たわりながら、「あぁ、世の中にはこんなに優しい建築があるんだなぁ~、行ってみたいなぁ~。」と感じました。


この体験を機に建築を意識し始め、建築がテーマの展覧会やイベントへ足を運ぶようになりました。

建築への熱い思いにいてもたってもいられず、2014年に世界建築巡りをリリースしました。

スイス・ドイツ・フランス建築旅行2014 では念願のロレックス・ラーニング・センターを訪れ、建築の優しさに癒やされる時間を体感しました。

管理人が語る建築の魅力

建築を見れば、その国の歴史・文化・経済が分かる!

ギリシャの古代建築には、何千年もの歴史を知る圧倒的な存在感があります。

イタリアの宗教建築には、激動の時代を生き抜いた強い生命力と信仰心があります。

アメリカの近代建築には、工業革命と技術革新の中で生まれた美しさがあります。

北欧の現代建築には、現代人のライフスタイルや環境問題を考えたスマートさがあります。


一流の建築は、何千年経っても感動と富をもたらす!

2016年にローマを訪れた際に、神業的偉業の建築作品と芸術作品の数々を目の当たりにし、感動で心が震え言葉を失いました。

莫大なお金・人手・時間を投資し、一流のモノづくりに妥協しなかったからこそ、何千年経った現在も大切に守られ続けている。

観光産業を通して人々に感動を与え、国に富をもたらし続けていることを体感しました。

中長期的に成功したいのであれば、強固な地盤を構築することが最大の近道であることを教えてくれます。


建築が作り出す空間は、そこで過ごす人の精神に影響を与える!

良い住宅は、住人のライフスタイルや生活動線に合わせて部屋が設計されています。

良いオフィスは、仕事に集中できる執務スペースと、コミュニケーションが生まれる休憩スペースが存在します。

良い飲食店は、コンセプトに合った内装・照明・眺望にこだわっています。

良いホテルは、リラックスできる空間で非日常体験が味わえる特別感を演出しています。

世界建築巡りがもたらした出会い

世界建築巡りはあくまで趣味サイトですが、適度なゆるさを保ちながら一生続けていこうと思っています。

そして、愚直に継続してきたことで、私自身色んな出会いを経験しました。


★ 建築学生や建築関係者から、応援メッセージやイベントのお誘いをいただく。

★ 世界建築巡りの建築写真を出版物に掲載したい方から依頼を受け、お礼に本や冊子をいただく。

★ 世界建築巡りの建築写真をサイトに掲載したい企業様から依頼を受け、お礼に自社の商品をいただく。

★ 世界建築巡りの展覧会レポートに感動した企業様から、海外旅行&建築事務所訪問ツアーのお誘いをいただく。


これらは、1つのことを継続してきたからこそ得られた予期せぬ出会いです。

誰かに認められることや何かをいただくことを目的に、サイトを運営し始めたわけではありません。

自分が撮影した写真のポートフォリオとして、物事をすぐ忘れてしまう自分の備考録として、完全なる自己満足で世界建築巡りを運営してきました。

これからも自分らしくマイペースに、予期せぬ出会いを楽しみながら運営していきます。

世界建築巡りの展望

世界建築巡りの世界観に賛同いただける方と一緒に実現したいことの一覧です、ご連絡お待ちしています☆


①建築旅行記の出版

年に約3回は海外へ足を運び、渾身の建築旅行記をまとめています。

本を出版する際は、サイトに掲載していない写真やエピソードと合わせて、建築旅行の楽しみ方を綴れたらと思います。


②展覧会・イベントの企画

月に1~2回は美術館やギャラリーへ足を運び、建築関連の展覧会レポートをまとめています。

展覧会・イベントを企画する際は、観客目線での問題提起や改善提案をしたいと思っています。


③建築設計事務所のサイト制作&改善

検索エンジンからの集客を増やしコンバージョン獲得に繋げる、Webサイトのコンサルティングサービス SEOチェック を提供しています。

SEO観点とユーザー観点に向き合い、強固な地盤のあるWebマーケティングを行いたい方はお早めにご相談くださいませ。


© 2014- 世界建築巡り Ikue Yamada